HOME / 台湾お役立ち情報 / すてきな台湾 /

お役立ち情報コーナー


このページではこれから台湾を訪れる方、当店でコンサート・LIVEチケットを購入して台湾に来られる方の為に、役に立つ情報をなどを載せて行きたいと思います。

■フォルモサ
台湾島には、フォルモサ(Formosa)という別称があります。これは、「美しい」という意味のポルトガル語で、16世紀半ばに台湾海域を訪れたポルトガル船のオランダ人航海士が、その美しさに感動して「Ilha Formosa(美しい島)」と呼んだことに由来するといわれてます。台湾は台湾島とその周辺諸島から構成されており、大小79の島々からなる島国です。台湾島本島の面積は九州より少し小さい大きさで、最も近い日本の与那国島との距離は100km位しか離れてません。山地は険峻で、標高3,000mを越える高山も数多く、中でも新高山の標高3,925mは台湾の最高峰です。島の北部は亜熱帯、南部は熱帯圏に属し、台湾の夏はおおよそ5月から9月までで、蒸し暑く日中の気温は27度から35度まで上り、7月の平均気温は28度にもなります。

ジェネラルインフォメーション‖耋僂旅颯如璽拭入国について
ジェネラルインフォメーション台湾での生活と、交通アクセス

■台湾料理
台湾の魅力の一つがグルメです。台湾の晩御飯は、おかあさんが手料理を作る事が少ない?とか言われてたりします。それは夜市の屋台のうほうが手料理をつくるより安上がりだからです。実際一日3食が外食ということも珍しくありません。首都台北には、あらゆる中華料理が揃っており、しかも一流の店が味と技を競い合っています。台湾の中華料理は、元来の台湾郷土料理に、中国大陸の福建料理が混ざったものが伝統的に作られており、一般にはこの様式の料理を指して「台湾料理(台菜)」と呼ぶ場合が多いです。おしゃれなカフェで飲茶、高級レストランで満漢全席、夜市でB級グルメに舌づつみ、この魔力に魅入られまた台湾に戻ってくるリピーターも多いことでしょう。

■台湾の歴史
漢民族が台湾に移住してくる以前の台湾には、東南アジアから渡ってきたとされる先住民族がいくつもの部族に分かれて暮らしていた。15世紀大航海時代に、西欧諸国が台湾の地理的位置にに目をつけるようになり、17世紀にはスペインとオランダが相次いで占領。支配を始めた。同時期に中国大陸南部から漢民族の移住も開始される。移住者たちは出身地の違いなどから、激しい武闘を展開し、台湾は混乱の時代を迎えた。1661年、明朝がオランダを追放し、清に滅ぼされていた明の復興を狙って統制を開始するが、その後すぐに清がこれを滅ぼし、代わって支配。19世紀末、日清戦争が勃発。戦勝国となった日本は、清から台湾を割譲され統治を始める。この後、第二次大戦が終わるまで50年間にわたり、日本統治が続いたが、日本の敗戦とともに台湾は放棄され中国政府の統治下におかれた、当時の中国では中国共産党が力を増しており、追い詰められた蒋介石率いる国民党が遷都という形で台湾に逃れ『中華民国』を主張。大国アメリカが台湾を保護、多大な援助を受けて経済発展を進めた。各国の北京政府承認ともなって1979年にアメリカや日本とも国交を断絶した。国際的な孤立のなかでも経済活動に専念し、驚異の発展を遂げた。・・・となっておりますが、実際平和でいい国ですよー。by店長