HOME / 薬膳とは / 迪化街 /

是非訪れたい街 迪化街



台湾を訪れたら是非とも観光しておきたい所がココ、台北最古の由緒正しい問屋街と言われてる迪化街(ディーホワチェ)です。淡水河を利用した水運の中心エリアとして貿易が栄えていた地域です。清朝の萬華が凋落した後、18世紀末期から中国福建省からの移民が居を構えはじめ20世紀初頭、日本政府による統治がはじまった頃には、既に国内最大の商業エリアとなり、全国から漢方薬、布生地、乾物、お茶、などを扱う街に発展を遂げました。 

 迪化街の数百メートルのメインストリート通り左右には、老舗の問屋が入る様々なバロック式建築様式の美しいレトロ建築の街並みが建ち並んでいます。年代をおうごとに拡張されつづけ、当時はストリートごとに南街、中街などと呼ばれており、これら地域一帯に迪化街という地名がつけられたのは戦後のことです。

時代により18世紀福建の伝統的な建築様式の南式、19世紀の洋樓式、現代主義式の4様式があります。遺跡文化財に指定されている建物も多くあり、玄関の間口の割りにその奥行きが長い、所謂うなぎの寝床の作りになっているのが特徴です。

永楽市場から北の民生西路まで歩いて行くと、漢方薬を取り扱うお店が軒を連ねあたり一帯漢方薬の匂いでいっぱいです。

 漢方食材の提供及び解説にもご協力頂いております黄裕生薬行有限公司もこの一画にあります。じっくりカウンセリングを受けながら個々にあった調合してもらうことができます。民生西路から帰綏街までは菓子類、果実茶を扱うお店が多いです。漢方薬や生薬以外に、高級中華食材であるフカヒレや干しアワビ、カラスミまでなんでも揃います。

季節を問わずにぎわう市場なので、旧正月前には年越し用品を求める人たちで足の踏み場も無いほどです。ちょうど日暮里から上野アメ横にかけての雰囲気に似てますね。迪化街へは、MRTの雙連駅と中山駅から歩いていけます。MRT中山駅から歩くと西へおよそ15分、ロータリーとなっている圓環廣場や、寧夏路夜市の入り口を通り迪化街の南端へたどり着けます。私は日中通訳のお仕事もしていますので、是非ガイドとして呼んで頂けたら嬉しいです。 

 
前の商品 薬膳トップページ Q&Aコーナー ご注文ページ 次の商品